子どもと遊んでたら陣痛が!

出産時の年齢 34歳
出産週数 37週
何人目? 2人目
陣痛から出産まで 5時間30分

2人目以降の出産は経験がある分見通しが立つので落ち着いて対処できるという利点もありますが、上の子の世話をしながらの妊娠~出産というの 過酷な面もあります。2歳の元気な男の子を育てながらの出産はある意味初産より大変でした。

毎日2歳児を追いかけまわしていたら突然の陣痛

うちは主人が仕事がなかなか休めないので2人目出産のときは里帰りをする予定でした。しかし両親も高齢なので2歳児の世話があまり負担にならなうよう、できるだけ遅めに38週以降に里帰りするつもりでした。

季節は夏で、2歳児は遊びたい盛り。臨月でかなり大きなお腹をかかえながらも、公園や水遊びなど、毎日のようにかけずり回っていました。 妊娠経過は順調で、つわりも1人目のときより軽く、体調も良かったのでなせる業でした。

しかし、知らず知らずのうちに体に負担はかかっていたのだと思います。37週を過ぎた日、いつものように外遊びを終えて、上の子を昼寝させてホッと一休みしていたときのこと、突然お腹がギューッと固くなり 生理痛のような痛みが出てきました。まさに覚えのある痛みです。

しかし、臨月だからお腹が張っても不思議ではないだろうと少し横になっていると、やはり定期的な痛みと、トイレに行ってみると おしるしまできてしまいました。 これは困ったと思いました。 いつも受診している産婦人科に行って出産したら、上の子を見る人がいないので、両親に出てきてもらわなくてはなりません。 陣痛はまだ耐えられる程度だったので、両親に電話で伝え、タクシーで実家に帰ることにしました。 最終準備をしタクシーを呼び、準備がすべて整ったところで、寝ている上の子を起してタクシーに乗り込みました。

病院に到着するやいなやスピード出産

実家の近くの里帰り出産を予約していた産婦人科までタクシーで1時間。幸い渋滞もなく着き、子どもは引き続き昼寝をして、おとなしかったのが助かりました。その間も陣痛はどんどん強くなりましたが、まだ呼吸法で耐えられる段階でした。運転手さんがとても心配してくれましたが、話ができる状態なので パニックにならずに済みました。

病院に着くとすでに母が来ていて子どもを家に連れて帰ってくれました。子どもを引き渡すともう出産に専念するのみとホッとして、その瞬間から猛烈に痛みが強くなりました。病院についた時点では子宮口の開きは4cmでしたが、陣痛室に2時間もいないうちに全開。 して分娩室に移り、30分で無事に生まれました。「とても安産でしたね~」 と言われましたが、陣痛からタクシーまでのドキドキ感がとにかく大変な出産でした。

臨月ではありましたが37週で赤ちゃんは2680gと小さめで会陰切開も必要なく生まれたので、出産後はとても楽で次の日から動き回れるほど元気でした。

2人目以降も慎重に

初産の時は臨月に入ってから今か今かと待ちかまえていた陣痛ですが、2人目は予定日より3週間あるのでまだまだだろうと余裕で過ごしていました。それが、突然の陣痛で自分も焦りましたし、子どもを抱えてどうしようという不安もあり、両親にも心配をかけてしまい、とにかくバタバタしていましたした。また主人は電車で1時間以上かかる場所に通勤しているので、こんなときは電話しても仕方がないと、結局電話をしたのは出産後でした。

上の子の面倒を見ながらの2人目出産は、よりいっそう自分の体調の変化に敏感でいなくてはいけないな~としみじみを思いました。

もう決めた?出産祝いのお返し


内祝いのお返し、決めましたか?

まだ決めていない方や迷っている方は「赤すぐ×百貨店コラボ」のサイトがおすすめ。

伊勢丹や三越から厳選された商品を選べる上に、包装紙も百貨店のものが無料で使えちゃいます。
(編集長もこのサイトから、千疋屋の名入りゼリーを注文しましたよ!)

有名百貨店なら間違いなし。是非のぞいてみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

「ママレポ」はみんなの出産体験談をあつめてまとめているサイトです。臨月を迎えた妊婦さんや、「出産ってどんな感じなの?」と思っている方はぜひ読んでみてくださいね。 ちなみに編集長も1児の母です。(^^