妊娠糖尿病の出産体験談

出産時の年齢 39歳
出産週数 39週
何人目? 2人目
陣痛から出産まで 7時間

海外で妊娠糖尿病に

現在海外に在住中で一人目に続き二人目も海外での出産となりました。一人目妊娠と同じくやはり二人目の妊娠の際にも後期で妊娠糖尿病と診断され、食事制限で辛い毎日を送りました。

妊娠6ヶ月頃に妊娠糖尿病と診断されて以来、食べたいものもろくに食べれず、かなり過酷な妊婦生活でした。

またそれに追加して妊娠後期でいつ産まれてもおかしくない時期から主人が長期出張で家に殆どおらず、 ほんとに身も心もきつい妊婦生活を強いられました。

定期検診で子宮口が5cm!

妊娠糖尿病だった為、39週の定期検診の際にお腹の張り が強く感じられ、内診をすると既に子宮口5cm大!そのまま出産をする病院に入院道具一式持って病院へ。その1日前に主人が出張から帰宅し、義理母がお手伝いに来てくれる当日のことでした。

義理母が到着し、上の子供をやっと預け病院に向かうも主人が忘れ物をして病院に一人にされ、主人は一旦帰宅。 その間に陣痛が始まり、いよいよ本番に突入しました。

なかなか麻酔を打ってくれない…

今回は前々から無痛分娩を希望していたので、すぐ麻酔 をうってくれると思いきや、陣痛がはじまって5時間も放置。どうやら後々助産師さんに確認すると日本人は特に 我慢強くみえるらしく、後回しにされてたようです。その時点でかなり強い陣痛が襲ってきていましたが、無事無痛分娩開始。 しかし30分くらいすると無痛分娩にしたにもかかわらず また激痛に!

助産師さん曰く無痛の麻酔を打ってからも っと強い陣痛が来たので麻酔が追いついてないとのこと 。その後最後の力むまでの間はかなりの激痛と格闘。ただ最後は麻酔が効き無事に(?)出産できました。 無痛分娩で無理な力みはなかったので産後の回復も良く 、もっと初めから麻酔が効いていればかなり楽なお産になったと思いました。

無痛分娩はオススメ!

無痛分娩にするまでは副作用とか色々気になり怖かった のですが、幸い私は全く副作用はなしで赤ちゃんにも何も異常がなかったので、無痛分娩はオススメです!それと私は海外での出産でしたので基本出産費用はタダで無痛分娩も費用がとられないのでよかったのですが、やはり日本ですと費用の面ではちょっと考えてしまうかもです。

もう決めた?出産祝いのお返し


内祝いのお返し、決めましたか?

まだ決めていない方や迷っている方は「赤すぐ×百貨店コラボ」のサイトがおすすめ。

伊勢丹や三越から厳選された商品を選べる上に、包装紙も百貨店のものが無料で使えちゃいます。
(編集長もこのサイトから、千疋屋の名入りゼリーを注文しましたよ!)

有名百貨店なら間違いなし。是非のぞいてみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

「ママレポ」はみんなの出産体験談をあつめてまとめているサイトです。臨月を迎えた妊婦さんや、「出産ってどんな感じなの?」と思っている方はぜひ読んでみてくださいね。 ちなみに編集長も1児の母です。(^^