出産時の年齢 35歳
出産週数 39週5日
何人目? 初産
陣痛から出産まで 6時間

私はアメリカで一人目を出産しました。初産にしては早く6時間の安産でした。

「5分間隔になったら電話してきて」

陣痛間隔が5分をきって病院に行く 夜中の3時ごろにトイレに目が覚めました。トイレが終わるとお腹がじわじわ痛くなりました。陣痛だとすぐに分かりました。とりあえず主人を起こしましたが、まだ陣痛が30分間隔だったので体力をつけておこうとベッドに横になっていました。

うとうとしながらベッドの上で過ごしていたのですが、陣痛の間隔がみるみるうちに早くなってきました。本当は自分で病院に電話しないといけないのですが、このような状況で英語でのコミュニケーションはできそうになかったので、主人に電話してもらいました。

担当の先生から折り返し電話をするから待つようにと言われ、20分後にやっと電話がありました。その頃にはもう陣痛間隔が10分くらいだったのでそれを伝えたところ、初産なので5分間隔になったらもう一度電話が欲しいということでした。電話を切ったころには腰までくるような痛みだったので感覚を測ってみたらすでに5分、時には5分以内の間隔でした。急いでもう一度電話をするとやはり担当医師から折り返し電話、とのこと。今度は10分後にかかってきたのですが、もう余裕で陣痛間隔は5分をきていたので病院に来るように言われました。

病院到着

病院に行く車の中、痛くて痛くてしょうがありませんでした。病院に着いてから耐えられず、座りこんでしまったところ、親切な人が車いすを持ってきてくれました。車いすで病棟に行くと、子宮口がすでに9センチ開いており、直接分娩室に行きました。分娩中はPUSH PUSHと言われたもの、どうしていいか分かりませんでした。

3時間、このような状態が続き、最後は吸引分娩で出産しました。

言葉がわからず苦労

アメリカでの出産は苦労の連続 アメリカでの初出産は安産だったものの、やはり言葉が分からずどうしていいか苦労しました。出産入院も2日と短く、体が回復しないままの退院となりました。次の出産はやはり日本でしたいです。

30代, 初産, 海外の関連記事
  • 子どもと遊んでたら陣痛が!
  • 陣痛促進剤を使用しました
  • 妊娠糖尿病の出産体験談
  • 破水?と思ったら病院に連絡すべき!
  • 二人目は日本で出産
  • アメリカでの出産体験
おすすめの記事
30代
出産時の年齢 37歳 出産週数 41週 何人目? 初産 陣痛から出産まで 16時間 出産とはいったいどんなものなのか、初めての方は特に何もわ...
30代
出産時の年齢 35歳 出産週数 39週5日 何人目? 初産 陣痛から出産まで 6時間 私はアメリカで一人目を出産しました。初産にしては早く6...